体重が減らない女性・相談室

体重が減らないで悩んでいる女性が数多くいます。カロリー控えめにしているのに、なかなか痩せない。あるいは、甘いものを制限して、低炭水化物ダイエットをしているはずなのに、なかなか減量できない。ウォーキングを一生懸命にしているのに、逆にお腹が出てきた・・・などなど。

体重が減らないということから推測すると、体脂肪が減っていないわけです。つまり、あなたが今行なっているダイエット法には、誤りがあるということになります。本物のダイエット方法ならば、かならず体脂肪の減少という、目に見える結果として現れるはずです。

なかには体重が減らないという悩みは、取り越し苦労のこともあります。たとえばスポーツ選手や筋肉を鍛えている女性ですね。筋肉組織は脂肪に比べて重いので、筋肉量が増えた分は、体重の増加として現れるのです。筋肉が増えるということは、基礎代謝量が増えることでもあります。

ですから、このケースでは、体重に変化がない、あるいは体重が増加したといっても、喜ばしいことといえます。基礎代謝が高ければ、いくら食べても太らない体質ということですし、やがては体重の減少として現れてくるからです。

体重が減らないと悩んでいる人は、それだけダイエットも頑張っている女性でしょう。食事制限もせずに、食べたいように食べている人には、わいてこない悩みだからです。食べ過ぎているのに痩せれるわけはないからですね。

体重が減らないのには、それなりの理由があります。たとえば食事同士の間隔が空きすぎていたり・・・。1日2食のスケジュールですね。それとか単品ダイエットとか、低カロリー置き換え食品に頼って、1食分のカロリーがかなり低い場合も、ダイエットは停滞します。

これらのダイエットのやり方では、視床下部の恒常性の機構が働いて、脂肪を減らさないようにするのです。つまり急な食事制限によって、脂肪は減ります。すると脳が脂肪の減少にストップをかけて、脂肪をかえって蓄えようとするのです。

体温が下がると、それを上げようと働きますよね?寝不足になると、より長く深い睡眠が必要となりますよね?全力ダッシュなどの無酸素運動をすると、そのあとハアハアゼイゼイと息が切れて、たくさん酸素を取り入れないといけませんよね?それと同じ恒常性(ホメオスタシス)のシステムが強く働くために、脂肪が付きやすくなるわけです。

運動しても、なかなか体重が減らない女性もいるかもしれません。ウォーキングなどの有酸素運動は、楽に呼吸ができて、老若男女誰にでも始められる適度な運動です。ストレス解消にもなりますし、足腰も鍛えられます。しかし、今まで運動をあまりしてこなかった人が、いきなり長時間歩くと、これも脂肪をため込む原因になります。

脂肪は筋肉細胞のなかで燃えます。ですからダイエット運動の順番としては、筋肉(とくに足の大腿筋)をつけてから、ウォーキングやジョギングをすべきなのです。そうしないと、心身に負担(ストレス)がかかって、かえってあなたの筋肉を分解してしまいます。その結果、高血糖になったり、内臓脂肪に蓄積していくことになります。

体重が減らないのは、もしかしたら、間違ったダイエット食品やダイエット茶、医学的根拠のない痩身エステにあるのかもしれません。だいたい、痩せる成分など存在しません。飲むだけ、あるいは食べるだけで体脂肪を落とすことができるとは、あまり考えないほうがよいでしょう。そんなものがあったら、色々な医療機関で肥満治療に真っ先に使われているはずです。

思ったように体重が減らない原因は、あなたの意志の弱さではありません。正しいダイエット法を知らないからです。当サイトには、そのためのヒントを詰め込んであります。しっかり学んで、あなたのダイエット成功にお役立てください。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)