体重が減らない女性・相談室TOP > ダイエットで体重が減らない理由

ダイエットで体重が減らない原因と対策法

ダイエットで体重が減らないのには、必ず原因があります。

一言でいえば、ダイエットをしているつもりなのに、実は摂取カロリーのほうが多いケース。もう1つは、食べないダイエットによって、体内環境を悪くしているケースです。たいていは、このどちらかに当てはまります。

まれに、生まれつきレプチンというサイトカインが不足しているために、食べ過ぎたり、カロリーの消費量が少ない人もいます。レプチンは満腹中枢に働きかけ、食事を抑制します。そのほか褐色脂肪細胞を活性化させて、黙っていても脂肪を分解して燃やします。こういった働きを持つレプチンが少ないのですから、ダイエットで体重が減らないのも当然かもしれません。ただし、ほんの一握りです。こういった場合は、レプチンを投与する肥満治療が行なわれます。

ダイエットで体重が減らないという場合、肥満遺伝子が関係していることもあります。褐色脂肪細胞は、前述したように運動しなくても脂肪を燃やす働きがあります。これは自律神経のうち交感神経の指令を受けて、活発になります。ところがアドレナリンやノルアドレナリンの指令を受け取る受容体(レセプター)に異常があると、うまく働かないことが分かっています。これはレセプターを作る遺伝子に異常があるためで、生まれつきといえます。

これはβ3アドレナリン受容体といいますが、ここに異常がある人は、日本人の33パーセントにものぼるといわれています。けっこうな数ですよね?ダイエットで体重が減らないという人は、この遺伝子異常がかかわっているかもしれません。ここまで割合が高いと、遺伝子異常というよりも、日本人の特質といってもいいかもしれません。日本人は脂肪が燃焼しづらい体質なわけです。

β3アドレナリン受容体をつくる遺伝子に不具合があるだけで、1日分の基礎代謝量が200キロカロリーも少なくなるといわれています。ご飯一杯分でしょうか。ダイエットで体重が減らないという人は、200キロカロリー分を余計に摂っているわけです。

そのほか運動なしでも脂肪が燃えるのは、UCP1というタンパク質のおかげです。ところが日本人には、24パーセントの人に、このUCP1を作る遺伝子に不具合があるといわれています。これだけで1日分の基礎代謝量が100キロカロリーも少なくなるといわれています。前述のタイプと合わせれば、300キロカロリーも余計に蓄積していくことになります。これではダイエットで体重が減らないのも、当然という観があります。

しかしダイエットで体重が減らない理由は、本当に、こういった遺伝子異常にあるのでしょうか?なぜなら日本人の遺伝子の異常ですから、今に始まったことではなく、昔からあったはずです。つまり鎌倉時代も、江戸時代も、明治時代も、同じような遺伝子異常を抱えていたはずです。しかし肥満の問題が浮上してきたのは、ここ最近のことです。

飽食の時代になって摂取カロリーが増え、あらゆるものが便利になって消費カロリーが減った結果ではないでしょうか?ですから、遺伝子の異常は、それほど気にすることではないといえます。しかも日本人の多くが持っているのですから・・・。

それよりは、もっと積極的な観点(プラス思考)に立ち、いかに摂取カロリーを少なくして、いかに運動量を多くするかを考えていきましょう。野菜ばかりの食事と言っても、ドレッシングをいっぱい掛けている人がいます。また間食を絶え間なく口にしている人もいます。これではダイエットで体重が減らないのも当然です。食べ物だけではなく、口に運んだ飴玉や清涼飲料水までをカロリー計算しないと、本当のカロリーは分かりません。

ダイエットで体重が減らないという女性のなかには、極端な食事制限をしているケースが多くあります。これは体を飢餓状態に置くだけなので、痩せれなくて当然なのです。減っていくのは筋肉ばかり。しかも内臓が弱るので、どんどん基礎代謝と脂肪の燃焼効率が下がっていきます。初めはある程度、脂肪が落ちていっても、やがてダイエットの停滞期に入り、逆に脂肪が溜まっていくのです。

体のむくみ、便秘、冷え性といった症状がある場合は、さらに要注意です。これらは血行を悪くし、さらに基礎代謝を下げるからです。そうなるとダイエットできないだけに留まらず、脂肪肝やガンの危険もでてきます。ガンは低体温や冷え性が元になります。たとえば大腸がんや子宮がん、乳がんが増えているので、注意しましょう。そのほかカロリー不足が続くと拒食症や過食症などの摂食障害の原因にもなります。

ダイエットで体重が減らないと、性ホルモンのバランスを崩し、精神的に不安定になります。女性ホルモンのエストロゲンが少なくなるからです。そうなると本来たまりにくいはずの内臓脂肪にまで、脂肪が蓄積していきます。それは様々な生活習慣病の出発地点になるので、これまた注意する必要があります。

正しいダイエットをしていれば、必ず体重の減少という結果が現れるはずなのです。下のリンク先の情報も参考にされてください。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)

体重が減らない理由って?〜糖質不足やストレス

体重が減らない理由は、いろいろな観点から説明することができます。たとえば飢餓状態によるホメオスタシスの発動だったり、摂取カロリーのほうが上回っていたり、骨盤のずれだったり、...

運動しても体重が減らない原因とは?

運動しても体重が減らないということで、お悩みでしょうか?まずいえることは、運動したからといって、必ず痩せるとは限らない点です。たとえ運動に頑張っても、摂取カロリーのほうが上...

産後は体重が減らないって本当?

産後は体重が減らないと、よく言われます。もちろん、なかには妊娠・出産後であっても、もとのスリムな体型を取り戻しているお母さんもいます。そういう女性は、周りの女性達の羨望の的...

ダイエットの停滞期の予防と脱出

ダイエットの停滞期ということが、よく問題になります。急激に食事制限などをすると、視床下部の恒常性維持機構(=ホメオスタシス)が働いて、脂肪を節約しようとするからです。体温が...

リバウンドの原因と対策法とは?

リバウンドの原因は、一体どこにあるのでしょうか?リバウンドとは、元に戻るという意味で、ダイエット前の体重に戻るということですね。それだけではなく、間違ったダイエット法をする...

冷え性はダイエットに不利になる

冷え性はダイエットに不利に働きます。体重が減らないのは、もしかしたら体温が低いためかもしれません。体温が低いということは、体内環境の悪さを現しており、太りやすい体質といってもいいと...

下半身デブの原因と解消法とは?

下半身デブということでお悩みですか?これは言い換えると、下半身太りということになりますが、ここでは(心苦しいですが)「下半身デブ」という言葉を使わせていただきます。...

ダイエットで痩せた女性の特徴とは?

ダイエットで痩せた女性とは、どのような人でしょうか?なにか共通する特徴のようなものは、あるのでしょうか?結論から言うと、以下の点に集約されます。決して無理な食事制限はし...