体重が減らない女性・相談室TOP > ダイエットで体重が減らない理由 > 体重が減らない理由って?〜糖質不足やストレス

体重が減らない理由は糖質不足

体重が減らない理由は、いろいろな観点から説明することができます。

たとえば飢餓状態によるホメオスタシスの発動だったり、摂取カロリーのほうが上回っていたり、骨盤のずれだったり、病気だったりします。どれか1つだけのこともあれば、複数が重なっている場合もあるでしょう。

ここでは、こういったケース以外で、体重が減らない理由を考えてみたいと思います。それは糖質の不足と慢性的なストレスです。両方に共通していることは、筋肉を減らすことによって、ブドウ糖を糖新生し、それを脳の栄養源にするという点です。

脳の唯一の栄養素はブドウ糖ということは、よく聞きますよね?糖質を制限したり、甘いものを食べないでいると、脳のエネルギーが得られずに、ボーッとしてくるものです。たとえば朝食を摂らずに、学校や会社に行った経験がある人なら分かるでしょう。思考力や判断力、記憶力が衰え、作業もスムーズに進まなくなります。

このような状態を脳は嫌うので、なんとかして、甘いものを摂らせようとします。そのため甘いものを、無性に欲しくなるわけです。ですから低炭水化物ダイエットというのは、人間の体の生理に反した間違ったダイエット方法なのです。勘違いしてほしくないのは、確かに糖分の摂りすぎは、肥満の元です。ですが炭水化物抜きダイエットのように、過激な食事制限はいけません。少量だけをカロリー制限するのならOKでしょう。

体重が減らない理由は、脳の栄養源であるブドウ糖を得るために、筋肉を分解しだすからです。そうすると、基礎代謝が下がるので、当然のことながら1日全体の消費エネルギーが減ることになります。その結果、摂取エネルギーのほうが上回りがちになって、太っていくのです。これはリバウンドのお決まりコースであり、激太りする原理でもあります。

そのほかブドウ糖の不足が体重が減らない理由になるのは、体が飢餓状態になった場合でもいえます。たとえタンパク質を十分に摂っていても、ブドウ糖が不足していれば、それは飢餓状態とさほど変わりません。脳は、ブドウ糖が体に入ってくるまでは、どんなに肉類を食べようが、ずっと空腹信号を発し続けるのです。これが、いつまでも満腹にならない理由です。

体重が減らない理由には、ストレスも関係しています。理由は同じで、ストレスがかかると、筋肉が分解されてブドウ糖に糖新生します。それを、エネルギーをたくさん必要としている「ストレス時の脳」に供給するわけです。筋肉が減るわけですから、基礎代謝も下がり、体重が減らないという事態になります。

体重が減らない理由は、このようにストレスです。といっても慢性的にかかるストレスに限られます。短期的に掛かるストレスは、むしろ脂肪の分解を促します。それは自律神経の中の交感神経が優位に立つので、アドレナリンやノルアドレナリンが脂肪の分解を促進するからです。たとえばブラックコーヒーや緑茶、栄養ドリンクなどに含まれているカフェインは、いい意味でストレスをかけて、脂肪を分解します。

そのほか筋トレをすることも、いい意味でストレスがかるので、脂肪を分解します。そのため筋トレをやった直後に、有酸素運動をすると、すぐにでも脂肪が燃焼するといわれるわけです。でも慢性的なストレスというのは、このような短期的なストレスとは異質なものです。じわじわと悩ませるようなストレスです。

これは、まさに食べたいものを我慢する、巷によくある食事制限のダイエット法そのものです。炭水化物抜きダイエットや低カロリー置き換え食品、単品だけのダイエット・・・これらは慢性的に(長期的に)ストレスをかけるだけです。すると筋肉が分解されて、どんどん消費エネルギーが減っていくのです。これが体重が減らない理由です。

慢性的なストレスは、運動でも発生します。いやいやウォーキングを長時間していると、副腎皮質ホルモンのコルチゾールが分泌されてきて、あなたの筋肉を内臓脂肪に変えるのです。一生懸命に歩いているのに、お腹が膨れてくる人がいるかもしれません。それは、このような理由によるのです。

体重が減らない理由の1つは、このようにブドウ糖の不足や、慢性的にかかるストレスにあります。ですからストレスをかけながら、炭水化物や糖分を制限するダイエットは、どんどん筋肉を減らして、ダイエットを失敗させるだけということが、お分かりになったでしょうか?痩せるためには、最低限の糖分が必要なのです。また辛くないダイエットこそが、脂肪を減らす効果的なやり方になります。

体重を減らす方法