体重が減らない女性・相談室TOP > ダイエットで体重が減らない理由 > 下半身デブの原因と解消法とは?

下半身デブの原因と対策法

下半身デブということでお悩みですか?

これは言い換えると、下半身太りということになりますが、ここでは(心苦しいですが)「下半身デブ」という言葉を使わせていただきます。

下半身デブは、女性がなりやすい体型といえます。これは、体型の分類で言えば、洋ナシ型になります。上半身の脂肪の付き方に比べて、下半身の脂肪の付き方のバランスが悪いわけです。女性の場合、妊娠の関係で内臓脂肪が付きにくくなっています。その代わり、下半身に脂肪が付きやすいようです。

もともと女性の場合、ヒップや腰周りの皮下脂肪がつきやすくなります。言ってみれば、女性らしい体つきですね。内臓脂肪が付かない代わりに、どうしても、その周辺の「皮下脂肪」が付きやすくなるのかもしれませんね。お腹のすぐ下は、太ももということになります。お尻が大きくなれば、下半身デブの原因にもつながっていくということです。お尻が大きいのに、足はスリムなんて変ですからね。。。

そのほか女性が下半身デブになりやすいのは、足の筋肉量が少ないことも関係していると思われます。足の筋肉が少ないと、リンパや静脈血を心臓のほうに押し戻す力が、うまく働かないことに。そうなると足がむくみがちになります。これは下半身の血行が悪くなり、そのため下半身の脂肪燃焼効率が上半身よりも衰えることを意味します。

上半身は、重力の関係から、血液は心臓に戻りやすくなります。ところが下半身は立っている限りは、重力に反して上に上っていかなければなりません。脚に筋肉量が少ない女性では、このことがうまく行かずに、どうしても下半身デブになりがちなのです。

このように下半身デブになる原因がわかれば、その対策法・解消法も明白ですね。そうです、足に筋肉をつけるようなエクササイズをすればよいのです。

足の筋肉は大きく二つに分けられます。ふくらはぎの筋肉と太ももの筋肉です。これに加えてヒップを鍛えるようにすれば、下半身デブの解消法に役立ちます。

ふくらはぎを鍛える有効な運動は、爪先立ちです。この状態で静止するのです。これはいつでも出来ます。料理の最中でもいいですし、歯を磨いている最中でもよいでしょう。そのほか家の中を、爪先立ちで歩いているというスポーツ選手が過去にいました。これも面白いですね。

次に下半身デブの解消のために、太ももを鍛える方法です。これも簡単です。お相撲さんのように中腰になって、静止するだけです。これは周囲の眼もあるので、人がいないときのほうが、よさそうです。風呂場でやってもいいですね。太ももの筋肉は、じつは全身の筋肉量の8割を占めています。ということは、ここを強化するだけで基礎代謝がかなり上昇し、太りにくい体質になることができます。全然体重が減らない女性は、大腿筋を鍛えてみてください。消費カロリーが倍増します。

最後に下半身デブ対策の運動法として、ヒップのエクササイズがあります。ここは太ももと連動しているので、しっかりと鍛え、ヒップアップを目指しましょう。ここも鍛えることは簡単です。普通に立った状態で、かかとをぴったりとつけます。そして足先をできるだけ外側に開いて、静止するのです。お尻に刺激がいくような感じがしませんか?爪先立ちになっても出来ます。ちなみに足先を内側に向けて静止すれば、太ももの内側を引き締めることができます。

静止の時間は7秒で十分です。これを数セット行いましょう。以上の運動によって、足腰に筋肉がつきます。それによって足腰の血行がよくなり、心臓へと血液とリンパ液が回収されるようになります。これで間違いなく、足のむくみは取れ、足の脂肪燃焼効率はアップするはずです。

下半身デブの原因として、骨盤のズレも考えられます。骨盤がずれると、その周辺の血行が悪くなるので、どうしても腰周りや、足の部分に脂肪がつきやすくなるのです。骨盤をあまり動かさないで、デスクに長時間座ったままでいると、同様に骨盤周辺の筋肉が硬直し、下半身の血行が悪くなります。ですから、たまに腰をねじったり伸ばすストレッチも有効です。

このような筋トレやストレッチの習慣にプラスして、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れれば、さらに下半身の脂肪を落としていくことが可能になります。下半身デブを返上して、スリムな美脚を目指しましょう!