体重が減らない女性・相談室TOP > ダイエットで体重が減らない理由 > 産後は体重が減らないって本当?

産後は体重が減らない理由とは?

産後は体重が減らないと、よく言われます。

もちろん、なかには妊娠・出産後であっても、もとのスリムな体型を取り戻しているお母さんもいます。そういう女性は、周りの女性達の羨望の的ですよね。何か特別なことをしているのでしょうか?何が原因で、このような違いが生じるのでしょうか?

まず妊娠中というのは、黄体ホルモンであるプロゲステロンが優勢になっている時期です。黄体ホルモンは、胎児を養い、出産をするという一大イベントのための準備をするホルモン。妊娠や出産は多大なエネルギーを使うため、できるだけ脂肪を蓄えようという働きが強くなります。水分を蓄えるため、むくみやすくもなります。

産後は体重が減らないというのは、黄体ホルモンの影響を色濃く受けているためです。妊娠中はずっと脂肪を蓄積しやすい体質になっていたのですから、出産が終わったからといって、すぐにもとの体質に戻るとは限りません。むしろ、今度は赤ちゃんにお乳を与える必要が出てきます。そのため母親は、栄養を蓄える働きが依然として残っているのではないでしょうか?

産後に体重が減らない女性は、もともと筋肉量が少なかったとも考えられます。筋肉は存在するだけで、基礎代謝をアップさせます。ですから元々筋肉量が多い人は、妊娠中や出産後であっても、筋肉がカロリーを消費してくれるわけです。反対にもともと運動量が少なく、筋肉もあまり付いていなかった女性は、妊娠時や出産のあとに、カロリーを消費できずに太りやすくなるわけです。

しょせん摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって、脂肪が付いたり、減ったりします。産後に体重が減らないという女性は、妊娠中にかなり消費カロリーが減っていたために、脂肪を蓄えてしまったと推測できます。

妊娠中といえども、できるエクササイズはたくさんあります。マタニティー用の運動ってありますよね?そういう教室とか水泳とか・・・。積極的にそういう教室に参加することも、ひとつの解決策です。

個人で運動する場合は、できるだけ無理がかからない方法を行なったほうがよいかもしれません。たとえば散歩をするなどですね。筋トレに関しては、妊娠中はひかえたほうがよいでしょう。妊娠前に筋トレをしていた人は、その分の筋肉が妊娠中の基礎代謝を高めてくれます。

産後に体重が減らないことが多いのは、女性ホルモンのほかに、骨盤が開いているためとも推測できます。妊娠すると子宮のなかで、胎児がどんどん成長していきます。すると子宮に重みがかかり、それは内臓を支えている骨盤にも伝わることになります。これが、骨盤の関節部に影響を与え、骨盤が開くことがあるそうです。そうなると、今まで支えていた内臓諸器官が下がります。いわゆる内臓下垂ですね。

内臓が下垂すると、最も下にある子宮や卵巣に負担がかかります。重みが全てかかるからですね。そうなると性ホルモンに乱れが生じて、女性ホルモンのエストロゲンの分泌不良に。エストロゲンは抗ストレスホルモンであり、女性が元気でいられるのも、このホルモンのおかげです。またエストロゲンは、脂肪を分解する効果や、記憶力を増強する効果などもあります。

妊娠で骨盤は開きがちになりますが、出産時には、骨盤にさらに負担がかかると思われます。これが、さらに骨盤にゆがみを生じさせたとしても、不思議ではありません。こうして内臓下垂がひどくなり、エストロゲンの分泌不良につながる危険があるのです。

産後に体重が減らないと悩んでいる女性は、骨盤矯正ダイエットをやってみるのも、ひとつの方法かもしれません。そのほか食事のときは、よく噛んで食べ過ぎない工夫も大事です。時間をかけて食べれば、視床下部後部に神経核を持つヒスタミン作動性ニューロンが作用して、ヒスタミンを分泌します。これが同じ視床下部にある満腹中枢に働きかけて、不要な食欲を抑えることになります。

運動に関しては、こま切れの有酸素運動がオススメです。長時間ウォーキングをしようとすると、どうしてもストレスが掛かりがちになります。そうなるとコルチゾールの作用によって、筋肉が分解されて、ますます太りやすい体質になる危険があります。それを回避するために、こま切れの有酸素運動を、1日のうちで何回か行なうのです。これによって、自然に消費カロリーを増やすことが出来るでしょう。